ポスト・エピジェネティクス時代のエピジェネティクス

第8回年会のお礼とご報告

第8回エピジェネティクス研究会年会長 
塩田邦郎(東京大学)

「ポスト・ジェネティクス時代のエピジェネティクス」をテーマとした第8回年会が無事終了いたしました。今回は、初めての試みとして会期を3日間にしましたが、会期の延長にもかかわらず多数の皆さまに参加いただき、最終的に390名を超える盛会となりました。ご参加いただいた皆さま、大変ありがとうございました。また、共催・協賛として多大なご協力をいただいた、文部科学省新学術領域研究「動的クロマチン構造と機能」および公益財団法人・加藤記念バイオサイエンス振興財団、ならびに30社の企業の皆さまにも、この場をお借りして改めましてお礼申し上げます。今年も、本研究会の持つアットホームでありかつ熱い議論を交わすことのできる雰囲気を維持することができたのではないかと思っております。また来年、東京で皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

新着情報

2014年5月29日 年会の様子」を公開しました。
2014年5月13日 プログラム」を更新しました。
2014年5月9日 参加者・発表者へ」を更新しました。
2014年4月11日 プログラム」を更新しました。
2014年4月8日 プログラム」を公開しました。
2014年3月18日 本サイトを公開しました。

ページの先頭へ